Article記事

労働時間革命!企業と従業員に好影響!?変形労働時間制のメリットを知ろう

転職・キャリア

ユアメディア編集部 ユアメディア編集部

Ended soon

昨今の転職サイトや企業の採用ページを見てみると、「変形労働時間制」「フレックスタイム制」の記載がある求人があることに気づきます。しかしながら、実際にどのような働き方なんだろう、とイメージができていない人は多いのではないでしょうか。

いざ、そのような企業に就職・転職し、働きはじめてから「思っていた働き方と違った!」ということにならないよう、今一度、知識を押さえておきましょう。

今回の記事では、変形労働時間制の定義や、企業や働く従業員にとってのメリットに焦点を当てて解説します。

変形労働時間制の基本的な定義について

変形労働時間制は、一定の期間内で労働時間を一定の時間に調整する制度の一つです。

通常の労働時間制と異なり、週単位や月単位での労働時間の変動を可能にします。

通常、労働時間は労働基準法で定められている「1日8時間・週40時間」として、従業員が短いスパンにおいて業務に従事する時間が決まっていることが多いですが、職場によってはこれが適切でないケースも考えられます。

例えば、「1ヶ月のうち、月初は比較的余裕があるけれど、最後の週や月末になるといつもとても忙しい」という働き方をしている職場も少なくありません。

変形労働時間制は、事業所の繁忙期と閑散期がある程度決まっている場合、その時期に合わせて労働時間を調整できるというものです。忙しい時期とそうでない時期を見越して、メリハリをつけて働くことができます。

変形労働時間制の種類と特徴

変形労働時間制には、以下の4つのタイプがあります。

①1週間単位の非定型的変形労働時間制

1週間の変形労働時間制を採用する場合、1日あたりの労働時間は10時間までになります。
したがって、1日10時間・1週間40時間という労働時間を超えない範囲でシフトが作成されます。
ただし、1週間単位の非定型的変形労働時間制は、変形労働時間制の中で業種を限定されています。導入できる業種は、労働者が30人未満の小売業、旅館、料理店、飲食店に限られます。

②1ヶ月単位変形労働時間制

1ヶ月単位変形労働時間制は、月間の労働時間を一定の範囲内で変動させることができる制度です。
法定労働時間を、1か月以内の労働時間を平均し、1週間あたりの労働時間が40時間以内になるようにするものです。
この制度では、季節や業務量の変動に対応しやすいとされています。

③1年単位変形労働時間制

1年単位変形労働時間制は、年間を通じて労働時間を調整することが可能な制度です。
1年の中で繁忙期と閑散期の波がある業種に多く見られる制度です。
この制度では、1年の総労働時間の基準を超えなければ、偏ったシフト編成ができてしまうという欠点もあります。
そのため、1日あたりの労働時間は10時間まで・連続勤務は6日までという決まりがあります。

④フレックスタイム制

フレックスタイム制も変形労働時間制の1つです。
日々の始業時間・就業時間を自分で自由に決めて労働することができます。
また、就業規則で必ず労働すべき時間を”コアタイム”として設けることもできます。
社員が自分のライフスタイルにあわせて、勤務時間を柔軟に調整できるというメリットがあります。

変形労働時間制のメリット

変形労働時間制は、企業や従業員にとって多くのメリットをもたらします。
変形労働時間制の主なメリットとそれが企業や従業員にどのように利益をもたらすかについて詳細に説明しています。
この制度の導入がもたらす主なメリットは以下の通りです。

企業にとって

①労働力の効率的な配分

季節性の労働調整を可能にし、労働の需要変動に柔軟に対応できます。
また、業務のピーク時には労働力を集中させ、閑散期には労働時間を削減できます。

②コストの削減

労働時間の変動によって、労働コストを節約することが可能になります。
労働時間の平準化によって、長時間労働の削減とオーバータイムコストの抑制が期待できます。

従業員にとって

①ワークライフバランスの向上

一定の期間内で労働時間を調整することにより、従業員が個人的なニーズや家庭の事情に応じて労働時間を調整できる場合がありますので、ワークライフバランスが向上する可能性があります。

そのほか社会にとって

①雇用の安定

労働時間の変動を利用して、企業は経営状況によらず一定の雇用を維持することに繋がります。

②企業の競争力向上

変形労働時間制を活用することで、企業は市場動向に応じた柔軟な経営戦略を立てることができます。また、労働力を効率的に利用することで、企業の生産性が向上する可能性もあります。

まとめ

本記事では、変形労働時間制の基本的な概念から、そのメリットまでを詳しく探ってきました。

企業側や管理者側にとっては、労働の需要変動に柔軟に対応できたり、残業代を削減できるなどのメリットがあり、従業員にとっては休暇の予定が立てやすく、ライフワークバランスを保ちやすい働き方ができるなど、沢山のメリットがあります。

もちろん、メリットだけではなく、企業側は導入することによる勤怠管理の煩雑さや、一方で従業員においても、急な業務変更がしにくくなるなど、デメリットもございます。

企業においては、導入を検討する場合には、自社の業務内容や勤務体系が、変形労働時間制に適しているかを見極める必要があります。

また、変形労働時間制を導入する企業への就職を検討されている求職者の方は、事前に運用のルールや残業時間の計算方法などをしっかりと理解して、働き方をイメージしておく必要があるでしょう。

変形労働時間制は今後も企業と労働者双方にとって重要なテーマとなることでしょう。


ユアキャリアは、会計業界特化の求人サイトです!

素晴らしい企業と、素晴らしい求職者が、なんの障害もなくマッチングし、すべての会社、すべての働く人が、本当に自分らしく自由に働き、楽しく成長できる社会を応援します。

【ユアキャリアURL】

https://lp.urcareer.jp/ 

各SNSのフォロー、いいね、コメントお待ちしております!

【ユアキャリアSNS】

Twitter:https://twitter.com/urcareer_job

Instagram:https://www.instagram.com/urcareer_job/

Related post 関連記事